内科

当院の内科

当院では、急性症状である喉の痛み・発熱・腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などから、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)・高尿酸血症(痛風)といった生活習慣病、その他の慢性疾患まで、幅広い内科診療を行っています。
地域のかかりつけ医として、皆様の健康をサポートするための診療も重視しています。風邪や胃腸症状などの急な体調不良のように明らかな症状が出ている場合だけでなく、「なんとなく調子が悪い」「症状がはっきりせずどの診療科を受診したらいいのかわからない」「健康診断結果に不安がある」「身近な相手が体調を崩して自分も心配になった」などの場合にもお気軽にご相談ください。

適切な医療につなげるための総合案内

内科は、消化器・循環器など幅広い分野の疾患を総合的に扱う診療科です。そのため、調子が悪い時に内科をまず受診されるケースがほとんどを占めます。診察の結果、専門診療科の検査・治療・入院・手術などが必要と判断された場合には、適切な医療機関をご紹介して、患者様ができるだけ早く必要とされる医療を受けられるようにしています。当院では、一般的な内科診察と治療だけでなく、患者様を適切な医療につなげるための総合案内としてのこうした役割も、地域の「かかりつけ医」としての重要な役割だと考えています。

こんな症状がありましたら、ご相談ください

  • 胸焼け
  • 胃痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の異常な渇き
  • 発疹
  • 疲労感
  • 夏バテ
  • 急な体重の増減

など

生活習慣病とは

生活習慣病とは過食・偏食・運動不足・不規則な生活・飲酒・喫煙といった生活習慣によって発症する慢性疾患です。代表的な生活習慣病には、糖尿病・脂質異常症(高脂血症)・高血圧症・高尿酸血症(痛風)があります。こうした生活習慣病は動脈硬化を進行させて、日本人の死亡原因で多い心疾患、脳血管疾患を原因にもつながります。

心疾患、脳血管疾患を予防するために

生活習慣病は放置していると命にかかわる可能性が高くなりますが、生活習慣を改善することで進行を予防することができる病気です。生活習慣病は自覚症状に乏しいため、健康診断で異常を指摘されたら早めに適切な治療を受けることが重要です。早期であれば、ストレスの少ない改善で進行予防が可能になります。当院では患者様のライフスタイルなどに合わせて、できるだけ無理のない生活習慣改善が可能になるよう心がけていますので、お気軽にご相談ください。

糖尿病

血液中には細胞がエネルギー源として使うためのブドウ糖が含まれています。このブドウ糖を細胞がうまく取り込めなくなって、血液中のブドウ糖が過剰になる高血糖が続くのが糖尿病です。高血糖は血管に大きな負担をかけるため、それが続くと動脈硬化が進行します。また、毛細血管へのダメージが積み重なって、網膜症(視力低下・失明)、神経症状(足の痺れ・壊死)、腎症(腎不全)といった合併症を起こすリスクも上昇します。
糖尿病自体を完治させることはできませんが、血糖値を正常にコントロールすることで動脈硬化の進行予防や合併症予防につなげ、健康を維持することができます。
生活習慣によって発症した糖尿病の場合、食事療法と運動療法は特に重要です。こうした生活習慣改善ではコントロールが難しい場合には内服薬やインスリンの自己注射で補い、正常な血糖値を保ちます。

脂質異常症

血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の数値が慢性的に高い状態です。自覚症状なく進行して動脈硬化を進ませ、血管の狭窄や閉塞によって心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす原因になります。エネルギー過多の食事、運動不足、飲酒や喫煙などが発症や進行のリスク要因です。
治療では、適切なカロリー制限、栄養バランスのとれた食事、習慣的な運動、禁煙や節酒などの生活習慣改善が不可欠です。それで不十分な場合は薬物療法も行っていきます。高LDLコレステロール血症の場合には食物繊維や青魚を積極的に摂取し、高トリグリセライド血症の場合には糖質の多い食品や飲酒を控えて厳密なカロリーコントロールを行うことが特に重要になります。
自覚症状がないため、改善した状態をキープできているかも定期的な検査でしっかり確かめる必要があります。

高血圧

高血圧高い血圧が維持されている状態が高血圧です。血圧はその時々で変化するため、診察室血圧140/90mmHg以上・家庭血圧135/85mmHg以上が高血圧とされていて、診察では家庭血圧が優先されます。
高い血圧は血管壁に強い圧力をかけるため、それが続くと大きなダメージが積み重なってしまい、動脈硬化を進行させます。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病などを起こす原因にもなります。
治療で重要になるのは生活習慣の改善です。減量してBMI25未満をキープし、禁煙、適切な運動を習慣付けます。1日6g未満の減塩も高い効果を得られるケースが多くなっています。こうした生活習慣改善で十分な効果が得られない場合には内服薬を使った治療も行います。また家庭でこまめに血圧を測って記録することも重要です。

高尿酸血症(痛風)

血液中の尿酸が多くなり過ぎている状態が高尿酸血症です。水に溶けにくい尿酸は血液中で尿酸塩として存在していますが、尿酸が過剰になると鋭い針状の結晶になって関節などにたまり、激しい痛みを起こすのが痛風発作です。血中の尿酸値が高いと痛風発作を起こしやすい傾向はありますが、尿酸値が高くても痛風発作を起こさないケースもよくあります。高尿酸状態を放置していると血管への負担も増え、腎不全や尿路結石などのリスクも上昇してしまうため、痛風発作を起こしたことがなくても尿酸値が高い場合には治療が必要です。
尿酸は、細胞の新陳代謝で生成されるプリン体によって作られます。プリン体はまた、特定の食品に多く含まれています。レバーなどの内臓類、干し椎茸、魚卵、えび、かつお、いわしなどプリン体を多く含む食品を過剰に摂取しないように注意してください。また、ビールだけでなくアルコール飲料はすべて尿酸値を上昇させる作用を持っていますので、節酒も重要になります。治療では、肥満解消のための運動とカロリー制限、必要に応じて薬物療法を行って尿酸値を正常にしていきます。

 

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診