大腸カメラ

大腸カメラ(大腸内視鏡)とは

大腸カメラ検査では、大腸全域である直腸、結腸、盲腸の粘膜を直接観察することができます。前がん病変の大腸ポリープや早期大腸がんの発見には不可欠であり、それ以外にも特有の病変を確認することで虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎など幅広い大腸疾患の診断に役立つ検査です。疑わしい部分の組織を採取して確定診断も可能です。さらに、検査中に発見した大腸ポリープはその場で切除する日帰り手術も可能です。これによって将来の大腸がんを予防することにつながります。

人間ドック

オーダーメイドの内視鏡検査

当院の大腸カメラの特徴

内視鏡検査経験豊富な医師による検査

当院では、長年にわたって内視鏡検査や治療に携わってきた医師が、事前診療、検査、診断、説明までをトータルに行っています。豊富な症例経験をもとに、粘膜の微細な変化を正確に見極めて診断し、早期発見につなげています。繊細な手技で丁寧に検査を行っていますので、スピーディに詳細な検査が可能であり、患者様へのご負担も大幅に軽減されます。また、結果をお伝えする際には検査で得た画像をご覧いただくなど、わかりやすい説明を心がけています。ご不明点がありましたら、何でもご質問ください。

痛みのない内視鏡検査

鎮静剤を使用して大腸カメラ検査を行うことが可能です。軽い鎮静剤を使うことで呼びかければ反応しますが軽くウトウトした状態になり、痛みや苦しさなどを感じない無痛検査が可能になります。以前、つらい思いをして大腸カメラ検査がトラウマになっている場合も、痛みなく安心して検査を受けていただけます。また、はじめて大腸カメラ検査を受けることに緊張されている場合にもリラックスできるため、短時間に安全な検査が可能になるためお勧めできます。鎮静剤を使用した検査を受けた場合、当日はお車やバイクの運転ができませんので、その点にだけご注意ください。
当院では、年齢や体格、既往症などを考慮して鎮静剤の内容や量を決めていますし、検査中は全身状態を厳しく管理しています。また、検査後はすぐに目覚めますが、ふらつきがなくなる30分から1時間程度は休んでいただき、状態をしっかり確認してからご帰宅いただいています。
当院では鎮静剤を用いた苦痛のない内視鏡検査を10年以上行ってきた経験豊富な院長が必要最小限かつ適切な麻酔投与量で行います。院長の豊富な過去の鎮静剤使用経験の中で重大なトラブルが起きたことは一例もありません。

オリンパス最新鋭の内視鏡システム「EVIS X1」

内視鏡検査機器で長く世界をリードしてきたオリンパス社の最新内視システム「EVIS X1」を当院では導入しています。「EVIS X1」は2020年9月現在、オリンパス社の最新モデルで、導入施設は全国的にも極少数です。近隣では練馬区を始め、杉並区、中野区も含めて当院がいち早く導入致しました。短時間に高精度の検査が可能で、患者様への負担も軽減します。また微細な病変の素早い発見を可能にする特殊光やデジタルハイビジョンなどを備えている高性能な内視鏡システムです。下記のNBIの項目もご参照ください。

特殊光(NBI)による詳細な内視鏡診断

当院に導入している内視鏡システムには、オリンパス社が独自に開発したNBI(Narrow Band Imaging)が搭載されています。これにより、通常光とは異なる狭帯域光によって微細な表面構造や毛細血管をはっきり確認することができ、さらに拡大機能で詳細な観察が可能で、早期がんなどのスピーディな発見や診断に大きく役立ちます。しかも、検査する医師が通常光と特殊光を手元の操作で簡単に切り替えることができるため、正確な診断を強力にサポートしてくれますし、患者様の負担も大幅に軽減されます。

苦痛の少ない挿入法

大腸カメラ検査で起こる苦痛は、大腸が押されたり引き延ばされたりする圧迫によって生じます。こうした苦痛をなくすために、当院では腸を圧迫しない挿入法である無送気軸保持短縮法を取り入れることで、挿入時に起こる苦痛を最小限にして、安全性も高めています。長い研鑽によって培われた手技と豊富な経験をもとに、患者様ごとに腸の形状に合わせて行いますので、患者様が痛みを感じることもほとんどありません。

内視鏡検査時の炭酸ガス送気

大腸は大きく曲がりくねっていて、シワやヒダがたくさんあります。そうした部分を見落とさないよう、大腸カメラ検査時には気体を送って腸をふくらませて、くまなく観察しています。ただし空気をそのまま大量に送り込んで腸をふくらませ過ぎると検査後に強い膨満感が長く残り、不快でつらい時間を過ごすことになります。
当院では、空気の200倍吸収されやすい炭酸ガスを送気することで検査後のお腹の張りが速やかに解消されるようにしています。この炭酸ガスは吸収された後で二酸化炭素になって呼気で自然に排出されるため安全性も高くなっています。

日帰りポリープ切除も可能

日帰りポリープ切除も可能大腸カメラ検査で、前がん病変の大腸ポリープや早期大腸がんが発見された場合、その場で切除する日帰り手術が可能です。これにより、将来がん化する可能性がある大腸ポリープを切除できた場合は大腸がん予防につながります。もちろん、事前のご説明で検査時の切除をご希望される場合に行っています。
大腸ポリープは腸にできた良性腫瘍ですが、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」に大きく分けられます。当院では大腸カメラ検査時に発見されたポリープの表面を拡大して詳細に調べ、腫瘍・非腫瘍を瞬時に判定しています。その上で、切除が必要なポリープのみを切除し、大腸がんに移行する可能性のないものまで切除することはありません。

院内で下剤処置をすることもできます

大腸カメラ検査前には、腸内をきれいにするために下剤を服用します。通常、この下剤服用はご自宅で行っていただき、便の状態が落ち着いたらご来院いただく流れになっています。ただし、下剤を飲むのが初めてなどで下剤服用にご不安がある方、ご来院までの時間でトイレにいきたくなるのではというご不安がある方のために、院内で下剤を飲んでいただくことも可能にしています。院内服用にすることで、便の状態を看護師が確認でき、効果の進捗が把握しやすくなります。また、下剤を服用してから検査まで院内で過ごせますので、トイレの心配もする必要がありません。わからないことや不安なことがあったらすぐ看護師に相談できるため、ご不安なくお過ごしいただけます。

胃カメラの同日実施可能

当院では、胃カメラと大腸カメラの検査を同じ日に受けられるようにしています。両検査を1日で行えるため、事前の食事制限も1回だけですみ、お忙しい方にも勧めできます。検査前には下剤で腸の中をきれいにしてから胃カメラ検査と大腸カメラ検査を続けて行います。そのため検査時間も合わせて20~30分程度です。検査時間が短く、お身体への負担も軽減できます。また、両検査は鎮静剤を使ってウトウトした状態で受けることができます。

大腸カメラの流れ

大腸カメラ検査をご希望される場合、事前の外来受診が必要です。

Step1事前の外来受診

診察を行って、大腸カメラ検査について詳しくご説明します。前日の食事制限、当日朝の下剤服用、検査中に発見されたポリープなどの切除とその後の注意点などをわかりやすくお伝えしています。気になること、わからないことがありましたら、何でもご質問ください。

Step2検査前日

朝食や昼食は消化のよいものを食べてください。夕食も、白粥や素うどんなど軽い内容を夜21時までにとって、それ以降は検査翌日まで絶食です。ご希望の方には院内で検査食も販売しております。
水分は、水、薄いお茶、スポーツドリンクをたっぷり飲んでください。
お渡しした下剤を服用していただいて、早めに就寝します。

Step3検査当日朝

2リットルほどの下剤(腸管洗浄液)を2時間かけて飲みます。1時間後くらいに排便が頻回になり、数回トイレに通うと落ち着いてきます。落ち着いたらご来院ください。
なお、鎮痛剤を使用した検査を受ける場合には、当日、車などの運転ができませんので、ご来院の際には公共交通機関を利用されるか、ご家族などでご来院してください。
ご来院後、排便チェックを行って、透明で黄色っぽい水のような便であれば検査可能です。なお、下剤服用も院内で行うコースもあります。ご希望がありましたら事前の外来診療時にご相談ください。
検査可能な状態になったら、当院でご用意した検査着に着替えていただき、検査となります。

Step4検査

検査台に横になって左側を下にして、軽く膝を曲げます。
軽い鎮静剤(静脈麻酔)を使って軽くウトウトとした状態になったら検査を開始します。内視鏡を大腸最奥まで進ませ、戻しながら観察していきます。少しずつ炭酸ガスを入れてふくらますことでヒダやシワに隠れた部分もくまなく観察します。検査時間は個人差がありますが、15~20分程度です。
検査中にがんが疑われる病変やポリープが発見された場合には、特殊光を使って詳細に確認します。切除の必要があるポリープはその場で切除する日帰り手術が可能です。また、疑わしい病変は組織を採取して病理検査を行い、確定診断につなげます。

Step5検査後

検査終了後は鎮静剤が完全に覚めるまで30分から1時間程度お休みいただきます。回復したら、検査画像をご覧いただきながら結果を医師がご説明します。ご説明後、帰宅となります。異常が認められなかった場合は、2~3年後の次回検査まで特に制限なく過ごしていただけます。異常が発見された場合には、1~2年後の再検査をお勧めしています。

ポリープを切除した場合

ポリープを検査中に切除した場合には、約1週間程度、いくつかの制限を守っていただく必要があります。たとえば、アルコール摂取や激しい運動、長時間の移動は1週間程度避ける必要があります。
なお、ポリープ切除や組織採取を行った場合は、病理検査の結果が出る約2週間後にその結果をお伝えしています。

次回検査について

異常がなかったケース

大腸がん発症リスクが上昇しはじめる40歳を超えている場合、再検査は2~3年後のタイミングが適切です。それより若く、リスクが低い方の場合には、もう少し再検査の時期を遅らせても大丈夫です。

ポリープを切除し、良性だったケース

1~2年後の再検査をお勧めしています。

ポリープを切除し、悪性だったケース

3ヶ月~1年以内の再検査で慎重に経過観察する必要があります。

潰瘍性大腸炎、クローン病など慢性の炎症性疾患が発見されたケース

炎症が続くと大腸がん発症リスクが上がり、炎症や潰瘍の状態を確認して適切な治療を行うためにも、基本的に毎年大腸カメラ検査を受ける必要があります。

検査費用

1割負担 3割負担
初診(感染症採血含む) 約900円 約2,700円
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ検査+組織検査 約3,000~5,000円 約10,000~16,000円
大腸カメラ検査+ポリープ切除 約7,000~10,000円 約20,000~30,000円

※組織検査やポリープ切除をした数により費用が変わります
※初診料、採血代、超音波検査費用は別途必要となります。
※大腸ポリープを切除すると「内視鏡的大腸ポリープ切除」として医療保険の還付金がおりる場合があります。詳しくは加入されている保険会社にご確認下さい。

文責:古田 良司

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診