よくある質問

胃カメラに関する「よくある質問」

以前、口から挿入する胃カメラ検査でとても苦しい思いをしてトラウマになっています。検査を受けたいのですが、不安でたまりません。楽に受ける方法はありますか?

検査する医師の技術力や内視鏡スコープの素材や性能、太さなどによって経口検査は反射的に起こる強い嘔吐感が続いてかなり苦しくなってしまうケースがあります。当院では患者様の負担を最小限にする最新の高性能内視鏡システムやスコープを導入して、検査経験豊富な医師が丁寧に検査を行っています。また、軽い鎮静剤を使ってウトウトする状態で受けられる無痛検査も可能です。眠ったような状態で検査を受けられるため嘔吐感に苦しむことなく、楽に検査を受けていただけますので安心してご相談ください。

普段、薬を服用しています。事前の休薬は必要になりますか?

当院ではご予約の際に、薬を服用されているかどうかをご質問し、お薬手帳やお薬そのものを確認するなどした上で、お薬ごとに休薬や服薬についてしっかりお伝えしています。

前日の食事にも注意が必要ですか?

前日の夕食は、やわらかくて消化しやすいうどんや白粥などが適しています。夜21時までに済ませてください。水分は水や薄いお茶など糖分が含まれない透明なものをしっかり飲むようにしてください。

当日の注意点にはどんなものがありますか?

朝食は食べずにご来院してください。水や薄いお茶など糖分が含まれない透明な水分は、検査の2時間前まで摂取可能です。基本的に当院では軽い鎮静剤を用いた検査を行っているため、ご帰宅の際にお車などを運転することができません。そのため、ご来院時も公共交通機関を利用されるか、ご家族などの送迎でご来院ください。

検査後に水分補給や食事可能になるのはいつ頃ですか?

麻酔の効果が切れたことを確認したら、少量の水をゆっくり飲んで、むせる・温度を感じないなどの問題がなければ飲食が可能です。飲食の内容に制限はありません。前日の夕食からかなり時間が経過していますし、水分もしっかりとる必要がありますので、カロリーと水分を効率よくとれる甘い飲み物がお勧めできます。

検査後、どのくらいで帰宅できますか?

鎮静剤を使った検査の場合、検査終了後は完全に覚めるまでお休みいただいてから、医師が結果説明を行います。お休みいただく時間は30分から1時間程度です。検査の結果治療が必要と判断された場合には、治療方針をご相談して、お薬の処方を行います。鎮静剤を使わない検査を行った場合には、検査終了後にすぐ医師のご説明を行って、それが終わればご帰宅となります。
いずれの場合も、事前にご相談いただければ、後日改めて受診していただいて検査結果をお伝えすることもできます。当日、お急ぎの要件が控えている場合はご相談ください。

検査費用がどのくらいかかるか気になります

保険診療で3割負担の場合、検査のみが約6,000円、組織採取を行った場合は約10,000円が目安です。患者様の状態や検査内容などによって費用が変わります。費用については事前診療の際にお伝えしています。ご不明の点があれば、お気軽にご質問ください。

胃カメラ検査を受けた方がいいのはどんな時ですか?

早期胃がんは自覚症状がありませんので、有効な早期発見のためには症状のない段階で発症リスクが上昇し始める40歳を超えたら検査を受けるようにお勧めしています。
また年齢にかかわらず、下記のような症状がありましたら、できるだけ早く胃カメラ検査を受けてください。

  • 喉・みぞおち・胸の違和感
  • 飲み込みにくい、つかえる感じがする
  • 胸焼け
  • 慢性的な胃の痛み
  • 胃もたれ
  • 食欲がわかない
  • すぐ満腹になる
  • 黒い便が出る

など

大腸カメラのよくある質問

挿入時の痛みや検査後の膨満感があると聞いて不安です。

当院では挿入時の痛みや検査後の膨満感を最小限に抑えた検査を行っています。まず、挿入時の痛みは腸が押されて引き伸ばされることで起こるため、腸を圧迫しない軸保持短縮法によって挿入しています。また、検査後の膨満感は腸のシワを伸ばすために送り込む気体によって起こりますが、当院では空気ではなく炭酸ガスを使用することで速やかにお腹の張りが解消されるようにしています。吸収された炭酸ガスは二酸化炭素として呼気により自然に排出されるため安全性も高くなっています。こうしたきめ細かい配慮と患者様の負担を最小限にする最新の高度な内視鏡システムやスコープ、経験豊富な医師による丁寧な検査により楽に受けていただける検査を実現しています。

以前受けた大腸カメラ検査が苦しかったのですが、楽に受けられませんか?

当院では、軽い鎮静剤を使ってウトウト眠っているような状態で検査を行う無痛大腸カメラ検査が可能です。鎮静剤の内容や量などは、患者様の年齢や体格、状態などに合わせてきめ細かく調整し、検査中にも全身状態をしっかりコントロールしています。楽に検査を受けていただけますので、お気軽にお問合わせください。

予約なしで初診当日の大腸カメラ検査は可能ですか?

大腸カメラ検査は、前日の食事制限や下剤の服用がありますので、事前診療が必要です。そのため、ご予約なしで初診当日の大腸カメラ検査はできません。ただし、検査の事前診療はご予約なしでも受診いただけます。その事前診療で検査や注意点を詳しくお伝えした上で検査日をご予約いただいています。なお、当院では当日の下剤服用が必要のない検査も行っていますので、事前診療の際にご希望があればお申し出ください。

検査中にポリープが発見された場合、その場で切除できますか?

検査時に発見した大腸ポリープをその場で切除する日帰り手術を行っています。切除した場合も入院の必要はなく、当日ご帰宅いただけます。別の日に手術スケジュールを作る必要もなく、下剤服用などの事前準備も1回ですむため、患者様へのご負担も少なくなっています。切除を受けた場合には、数日から1週間程度、食事・運動・長時間の移動などに制限が生じます。なお、まれに検査中の切除が不可能なケースもありますので、その場合には連携している入院設備がある医療機関をご紹介しています。

1日で胃カメラと大腸カメラの内視鏡検査を受けることはできますか?

当院では胃カメラと大腸カメラの内視鏡検査を同日に受けられるようにしています。この場合も、検査中に発見した大腸ポリープの日帰り手術による切除が可能です。また、同日に両検査を受ける場合、鎮静剤を用いた無痛検査や、下剤を服用しないですむ内視鏡的洗浄液注入法なども可能です。

検査当日朝に大量の下剤を飲むのが不安です

当院では、患者様の状態などにきめ細かく合わせた下剤を選んでいただけるよう、5種類の下剤をご用意しています。早めにご来院いただいて院内で下剤を服用していただけます。いつでもスタッフに声をかけることができ安心して服用が可能になります。また、大量の下剤を飲まずにできる内視鏡的洗浄液注入法による検査も行っています。内視鏡的洗浄液注入法は、胃と大腸の内視鏡検査を同日に受ける際に可能になります。大量の下剤を飲むのが苦手・不安という方はお気軽にご相談ください。

大腸内視鏡検査の所要時間がどのくらいですか?

観察だけの所要時間は10~20分程度です。ポリープを切除した場合には、20~30分程度が目安となります。

着替えの持参は必要ですか?

検査着は当院でご用意していますので、着替えの必要はありません。お着替えは個室更衣室で行っていただくため、安心できます。アクセサリーなどは検査の際に外す必要がありますので、できるだけ外してご来院いただくことをお勧めしています。

検査日に生理が重なりそうなのですが、生理中でも大腸カメラ検査は可能ですか?

生理中でも問題なく検査が可能です。ただし、生理痛が強い場合や貧血症状がある場合にはご相談ください。

事前に医師へ伝えておく必要があるのはどんなことですか?

便秘や下痢をしやすい方は、事前診療の際にお伝えください。状態を詳しく伺って必要があれば事前に薬を処方して解消してから検査を行います。また、軽度の便秘や下痢がある場合には、数日前からの過ごし方について具体的にアドバイスしています。
糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)などがある場合や、手術の経験がある場合も事前診療でお伝えください。また、普段お薬を飲んでいる場合は、お薬手帳や飲んでいるお薬がわかるものをご持参ください。服用されているお薬をすべてご持参いただいても大丈夫です。事前診療では、検査前日や当日の休薬・服薬についてお薬ごとにきめ細かくお伝えしています。

検査当日の受診までの過ごし方を教えてください

前日の夕食は消化のよいものを21時までに食べ、それ以降は検査終了まで絶食です。水や薄いお茶など透明で糖分が含まれていない飲料による水分補給は、検査直前まで可能です。就寝前に下剤を服用いただき、早めに就寝しましょう。
当日朝になったらご自宅で2ℓ程度の下剤を2時間ほどかけて服用します。ご自宅での浮揚用や服用後の移動にご不安がある場合は、院内で服用していただく方法もあります。また、大量の下剤を服用するのがつらい場合は、院内で行う内視鏡的洗浄液注入法によって下剤を飲まずに腸の中をきれいにできます。ご希望があれば事前診療の際にお申し出ください。
なお、当院では患者様が楽に検査を受けていただけるよう、基本的に軽い鎮静剤を使った検査を行っています。ウトウト眠っているような状態で検査を受けられるため、痛みや不快感がありません。この検査を受けた場合には当日の運転ができません。ご来院時にも公共交通機関を利用されるか、ご家族などの送迎でご来院してください。

検査後、どのくらいで帰宅できますか?

鎮静剤を使った検査の場合、検査終了後は30分から1時間程度お休みいただいてから、医師が結果説明を行います。検査の結果治療が必要と判断された場合には、説明の後で治療方針をご相談して、お薬の処方を行います。鎮静剤を使わない検査を行った場合には、検査終了後にすぐ医師のご説明を行って、それが終わればご帰宅が可能です。
当日、お急ぎの要件が控えている場合は、事前にご相談いただければ、後日改めて受診して検査結果をお伝えすることができますので、ご相談ください。

検査後の食事制限はありますか?

検査だけでポリープの切除を行わなかった場合には、検査後に普段通りの食事が可能です。ポリープ切除を行った場合には、数日間の食事制限が必要です。消化がよく、刺激が少なく、脂っぽくないものを食べるようにしてください。飲酒は1週間程度控えます。

検査当日から入浴して大丈夫ですか?

検査のみの場合は検査当日の入浴も可能です。ポリープ切除を受けた場合には、数日から1週間程度は軽いシャワー程度にしてください。

検査費用はいくらくらいですか?

保険診療で3割負担の場合、検査のみで約7,500円、組織採取を行った場合は約15,000円、ポリープ切除を行った場合は25,000円程度が目安となります。患者様の状態や検査内容などによって費用が変わりますので、費用については事前診療の際にはっきりお伝えしています。ご不明点があれば、お気軽にご質問ください。

大腸カメラ検査を受けた方がいいのはどんな時ですか?

早期大腸がんやポリープには自覚症状がありませんので、有効な早期発見のためには症状のない段階で発症リスクが上昇し始める40歳を超えたら検査を受けるようにお勧めしています。
また年齢にかかわらず、下記のような症状がありましたらできるだけ早く大腸カメラ検査を受けましょう。

  • 赤い便や黒っぽい便が出る
  • 便に血が混じる
  • 排便時に血液だけ出ることがある
  • 便秘・下痢になりやすい
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 残便感がある、スッキリしない
  • 腹痛がある
  • 腹部膨満感がある、お腹が張りやすい
  • 家族に大腸がんになった方がいる
  • 大腸ポリープの切除経験がある

また、大腸がんのリスク要因として、肉類や脂肪分の多い食事が多い、習慣的な運動をしていない、飲酒量が多い、喫煙経験があるなどがあります。こうしたリスク要因がある場合も早めの大腸カメラ検査をお勧めしています。

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診