ブログ

2023.07.24

ストレスと下痢や便秘の関係

【ストレスと下痢や便秘の関係】
ストレスは身体全体に影響を及ぼす可能性があり、特に消化器系には大きな影響を与えます。ストレスが高まると、自律神経系が反応し、消化器系の動きが速くなったり、逆に遅くなったりします。これが下痢や便秘の原因となることがあります。ストレスが下痢や便秘を引き起こす可能性があることを理解することで、適切な対策を講じることができ、日常生活を有意義に過ごすことができます。

◎ストレスと下痢の関係性
ストレスが下痢を引き起こす理由は、ストレスが自律神経系を刺激し、腸の動きを速めることにあります。これにより、食物が腸を早く通過し、水分が十分に吸収されず、下痢を引き起こすことがあります。

◎ストレスと便秘の関係性
ストレスが便秘を引き起こす要因は、ストレスが自律神経系を刺激し、腸の動きを遅くすることにあります。これにより、食物が腸をゆっくりと通過し、水分が過剰に吸収され、硬い便が形成されやすくなります。

ストレスを管理することは、これらの消化器系の問題を軽減するための重要なステップです。リラクゼーションテクニック、適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠など、日常生活の中でストレスを管理する方法は多くあります。下痢や便秘でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

【下痢や便秘を伴う疾患】
下痢や便秘を伴う病気の例として、過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸がん、クローン病、肝臓がんなどが考えられます。重篤な疾患であっても早期に発見、治療を行うことができれば重症化を抑えることが可能です。ご自身の身体のためにもお早めに大腸カメラ検査を受診することをおすすめいたします。

◎大腸カメラの特徴
当院では、内視鏡専門医による鎮静剤を用いた大腸カメラ検査が可能です。軽い鎮静剤でリラックスし、痛みを抑えた大腸カメラ検査を受けていただくことができます。初めての内視鏡検査や過去の大腸カメラ検査でトラウマを持つ方にも安心です。鎮静剤使用後は自動車・自転車・バイク等の運転ができませんのでご注意ください。鎮静剤の量や種類は、患者様の年齢・体格・既往症等により適切に判断しますのでご安心ください。

大腸カメラ検査の特徴

大腸カメラ検査の予約はこちら

 

TOPへ戻る
LINE予約 24時間WEB予約
TEL:03-3577-7149 TEL:03-3577-7149
TOPへ戻る
LINE予約 スタッフ募集