下痢

下痢とは

下痢は含水量が60~70%以上の便、あるいは1日200ml以上の便が3回以上排出される状態とされています。突然発症して腹痛をともなう急性下痢と、3週間以上軟便や水様便が続く慢性下痢に分けられます。日常的によく起こる症状ですが、さまざまな原因によって生じているケースがあります。原因疾患によってはできるだけ早く適切な治療が必要で、脱水などを起こしてしまう可能性もあるため、早めにご相談ください。

下痢の種類

急性・慢性以外では、発症のメカニズムや原因によって分類できます。

下痢の起こるメカニズムによる分類

浸透圧性下痢 高浸透圧性物質(下剤やアルコールなど)によって水分が腸管から吸収されなくなって発症します。
分泌性下痢 ウイルスや細菌の感染や非吸収性食物脂肪の摂取などによる毒素やホルモンの働きで、腸管内に水分が分泌されて起こります。
滲出性下痢 腸が炎症を起こして腸管粘膜の透過性が亢進し、大量の浸出液が排出されています。また吸収障害も起こっています。
腸管運動異常による下痢 腸の運動が亢進して蠕動運動が過剰になり、内容物が運ばれるスピードが上がって下痢になります。甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群などによって起こることがあります。

下痢を起こす原因による分類

生活習慣 アルコールの過剰摂取、暴飲暴食、食べ過ぎなどの食生活
機能に問題が起こる疾患 過敏性腸症候群など
薬剤によるもの 下剤、抗生物質、抗がん剤など
腸管感染症 ウイルスや細菌に感染して起こっているもの
病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌、アメーバ赤痢、ロタウイルス、アデノウィルス、クロストリジウム腸炎、カンピロバクターなど
腸管の器質的疾患 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、大腸がんなど
腸管外の器質的疾患 甲状腺機能亢進症、糖尿病、アミロイドーシス、ホルモン産生腫瘍など

下痢の検査

問診で、症状の内容、起こったきっかけや時期、症状の変化、症状を起こす前の食事、基礎疾患、飲んでいるお薬などについてうかがいます。その上で腹部を触診、聴診します。暴飲暴食やアルコールの過剰摂取などはっきりとした原因があって器質的疾患の可能性がない場合には、この時点で診断して適切な薬を処方できます。
それ以外の場合には、症状などに合わせて必要な検査を行います。

  • 血液検査
  • 採取した便の培養検査
  • 大腸カメラ検査
  • 腹部超音波検査(腹部エコー検査)

当院では軽い鎮静剤を使ってウトウトしている間に行う無痛大腸カメラ検査を行っています。また、大量の下剤を飲むのが苦手な方のために、少量の下剤を飲むだけでできる大腸カメラも可能です。苦手意識がある方も安心してご相談ください。

下痢の治療

どんな原因で起こっている下痢の場合も、脱水を起こさないことが重要です。吐き気などが伴って水分補給が難しい場合、急激に脱水が進むケースが多いので、早めに受診してください。特に幼児や高齢者は脱水の進行が早いので注意が必要です。
なお、脱水が進行してしまい入院による治療が必要になった場合には、提携している入院可能な医療機関をご紹介して速やかに適切な治療が受けられるようにしています。

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診