過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

血液検査や内視鏡検査では明らかな異常や病変が発見できませんが、腹痛や腹部の不快感、下痢や便秘、膨満感などの症状が続く病気です。器質的な問題ではなく、蠕動運動などの機能的な問題に多い傾向があります。
過敏性腸症候群は、下痢型、便秘型、便秘と下痢を繰り返す交互型(混合型)、そして膨満感などが主症状であるその他のタイプに分けられます。男性は下痢型が多く、女性は便秘型が多い傾向があります。
命にかかわることがない良性疾患ですが、トイレに間に合わないかもしれないという不安から外出がままならなくなる、お仕事や学業に多大な支障を及ぼす可能性があるため、できるだけ早く適切な治療を受けるようおすすめしています。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因はっきりとした原因はわかっていませんが、消化管の蠕動運動などの機能異常、消化管の知覚過敏が指摘されています。感染性腸炎になって過敏性腸症候群を発症するケースがあることから、免疫異常の関与も指摘されています。また、腸の機能を司る自律神経がストレスの影響を受けやすいため、ストレスによって症状が現れることもよくあります。

過敏性腸症候群の症状

腹痛や腹部不快感があって、その後便通異常を起こすことが多くなっています。腹痛が起こる場所は様々で、持続的な痛み、急激に起こる痛みなど内容も異なります。腹痛に便意がともなうことも多く、排便すると腹痛が一時的に解消するケースもよくあります。食事や緊張などで症状を起こしやすく、睡眠中に症状を起こすことはありません。
便通とかかわりのない症状としては、腹部膨満感、お腹がゴロゴロ鳴る、おならが漏れてしまうなどのガス症状を起こすタイプもあります。
また消化器症状だけでなく、頭痛、疲労感、抑うつ、不安感、集中力の欠如などを生じるケースもあります。

下痢型

いきなり強い腹痛が起きて、激しい便意が生じ、トイレに駆け込むと水のような下痢をします。排便後は症状が一時的に改善します。症状が起こるのは昼過ぎくらいまでのことが多く、それ以降は比較的落ち着いた状態で過ごせるというケースがよくあります。強い便意があるため、トイレに間に合わないのではという不安から通勤や通学、打ち合わせ、テスト、外出などが困難になるケースもあります。不安がストレスになって症状を誘発する悪循環を起こしやすいため、できるだけ早く適切な治療を受けることが重要です。

便秘型

ウサギの糞のように硬くて丸く、コロコロした便になり、排便が困難になります。便秘型の過敏性腸症候群の方に効果のある薬があります。

交代型

便秘と下痢を繰り返します。便秘が続いて、下痢になって解消し、また便秘になるというサイクルを繰り返す場合、過敏性腸症候群が疑われます。

過敏性腸症候群の検査と診断

症状について詳しく伺って、特徴的な症状のパターンがないかを確かめます。同じような症状を起こすいくつかの病気ではないことを、血液検査や尿検査、大腸カメラ検査などで確かめます。特に大腸がんや難病指定されている潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患、甲状腺機能亢進症との鑑別は不可欠です。

RomeⅢ基準におけるIBSの診断基準

RomeⅢ基準は、国際的に使用されているIBSの診断基準です。その基準は、過去3ヶ月間にわたって腹痛あるいは腹部不快感が繰り返し起こること、それに加えて下記の1~3の2項目以上の特徴を示すことです。

  1. 排便によって症状が改善する
  2. 排便頻度の変化がある
  3. 便形状(外観)の変化がある

「腹部不快感」は、痛みでは表現できない不快な感覚です。過去3ヶ月間にわたって週に2日以上の痛み、または腹部不快感があることが診断基準になっています。

過敏性腸症候群の治療

過敏性腸症候群と診断されたら、薬物療法でつらい症状を抑え、生活習慣を改善して増悪因子を修正します。認知行動療法など心身医学的治療が有効なケースもあります。
過敏性腸症候群は、命にかかわることはありませんが、症状に波がある病気です。病気をねじ伏せてしまうのではなく、うまく付き合うという姿勢も重要です。

薬物療法

高分子重合体、消化管機能調節薬などを中心に、症状や状態、ライフスタイルに合わせて薬を処方します。下痢がある場合は乳酸菌や整腸薬、セロトニン受容体拮抗薬、止痢薬が有効で、便秘がある場合には緩下薬、腹痛には鎮痙薬などを使います。効果の出方の異なるものもありますので、効果を確かめながら処方を微調整していきます。また、抗不安薬、抗うつ薬などが有効なケースもあります。

生活習慣の改善

生活習慣の改善不規則な生活、睡眠不足、疲労の蓄積などを解消し、ストレスを上手に解消できるよう患者様とご相談しながら無理のない改善方法を探していきます。また症状を悪化させるきっかけとなるものがあれば、それをできるだけ避けるよう心がけるのも重要です。過度の飲酒、香辛料の過剰摂取などが発症のきっかけになっているケースもあります。また、下痢型便秘型のどちらの場合も、食物繊維と水分をしっかりとることが重要です

心身医学的治療

精神療法、自律訓練法、認知行動療法などから、取り入れやすいものを行っていきます。

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診