逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

強い酸性の胃液や消化酵素を含む胃の内容物が食道に逆流して、食道粘膜が炎症を起こしている状態です。主な症状は胸焼けや喉の違和感、酸っぱいものが上がってくる呑酸、咳などがあります。以前は日本人に少ない病気だったのですが、食生活の欧米化などにより増加傾向にある病気です。

逆流性食道炎の症状

症状なく進行するケースもあり、多彩な症状を現すこともあります。下記に主な症状をまとめています。

胸焼け

胸焼け、胸が締め付けられるような感じ、みぞおちが焼けるように感じるなど

呑酸

酸っぱい液体が口まで上がってくる感じ、ゲップ、苦味が上がってくる感じなど

喉の痛み

喉の炎症、口内炎、飲み込みにくい、声枯れなど

咳や喘息

長引く咳、就寝する際の咳、喘息など

その他

みぞおちや胸、喉の違和感や不快感、めまい、耳鳴りなど

逆流性食道炎と食道がんの関係

胃カメラ検査では胃がんだけでなく食道がんの有無も調べることが可能です。喉のつかえや違和感など逆流性食道炎で起こる症状と食道がんの症状は共通のものが多いため、内視鏡検査などによる確定診断が重要です。また、逆流性食道炎は生活習慣で再発を繰り返しやすいのですが、食道粘膜が長期的に炎症を繰り返していると食道がんリスクが大幅に上昇してしまいます。食道粘膜は薄く、周囲に重要な組織が多い部分ですので、がんの進行や転移も比較的早く起こりやすいとされていて注意が必要ながんです。当院では早期の食道がんを発見できる高度な胃カメラ検査を行っています。早期発見によって侵襲の少ない治療で完治も望めますので、症状がある場合やリスクが高い場合には、早めにご相談ください。

逆流性食道炎の原因

逆流が起こらないように機能している下部食道括約筋などの仕組みが弱くなったり、胃酸が増え過ぎて逆流がたびたび起こって発症します。また、蠕動運動が弱くなって逆流したものがすぐに戻らなくなると悪化します。一時的な逆流による炎症やストレスによって食道粘膜が知覚過敏になって症状を起こしているケースもあります。逆流を起こしやすくなるリスク要因には、加齢・胃酸分泌を活発にする食事内容・肥満・姿勢・喫煙・過度の飲酒などがあります。

逆流性食道炎の検査

同じ症状は、胃潰瘍や胃がん、食道がんなどでも起こることがありますので、確定診断のためには胃カメラ検査が必要です。胃カメラ検査では食道粘膜だけでなく、胃粘膜の状態も確認できますので、逆流性食道炎と確定診断された場合にも重症度などに合わせた適切な治療が可能になります。当院では軽い鎮静剤を使った無痛胃カメラ検査も行っています。
年齢などの問題で胃カメラ検査が難しい場合には、診断的治療を行います。症状から診断して胃酸分泌抑制薬を服用し、半月から1ヶ月程度かけて症状が改善しているかどうかを確かめる方法です。ただしこの診断的治療では他の病気があった場合でも一時的な症状改善が起こるため、適切な治療が遅れて進行させてしまう危険性があります。

逆流性食道炎の治療

症状は薬物療法で比較的短期間の改善が可能ですが、炎症を完全に治すためには症状がなくなってからもしばらく服用を続ける必要があります。また、生活習慣を改善しないと再発を繰り返してしまい、炎症が続くと食道がんリスクが上昇してしまいます。当院では再発予防を考慮して、治療を行っています。また、まれですが、状態が悪化しているケースでは外科手術が検討されることもあります。

薬物療法

胃酸分泌抑制薬を主に使い、胃や食道の食べ物を送り出す蠕動運動の機能を亢進させる薬剤、食道・胃の粘膜を保護する薬剤などを症状に合わせて処方します。症状や疾患、炎症の状態に合わせて治療を進めますが、炎症をしっかり治すためにも症状が改善した後も医師の指示を守って服用してください。

生活習慣の改善

食べてすぐ横になると逆流しやすいため、食後3時間経過してから就寝するようにしてください。また、腹圧の上がる姿勢や動作で逆流が起きやすいので、重いものを持ち上げるのは控え、前屈みや猫背にならないよう注意してください。喫煙は逆流のリスク要因ですので、禁煙しましょう。また、腹部を強く締め付けるベルトや衣類の着用も控えてください。

逆流リスクの高い食品

アルコール、コーヒー(特にブラック)、炭酸飲料、油脂の多いもの、甘いもの、柑橘類や梅干しなど酸っぱい食品、パンなどの炭水化物

外科的治療

食道の狭窄や出血を繰り返すなど、症状が悪化している場合には外科手術が検討されることもあります。

文責:古田 良司

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診