血便(下血)

血便とは

血便とは血便には肉眼で確認できる血便と、肉眼では発見できないほど微量な血液が含まれていて便潜血検査陽性になってはじめてわかる血便があります。血便があるということは、口から肛門までの消化管のどこかから出血しているということです。肉眼で確認できる血便の場合、食道・胃・十二指腸から出血している場合には胃酸と反応したり、長時間排出されないので黒っぽいタール便となり、小腸・大腸・肛門と出血している場所が出口に近くなるに従って鮮やかな赤になります。他にも粘液が混じるなどの特徴があり、それによって出血している場所がある程度わかります。
便潜血検査陽性の場合は、原因のほとんどが肛門からの痔疾患ですが、30~40%の方に大腸ポリープが発見され、大腸がんが発見されるのは3~4%とされています。

血便と下血

血便は主に大腸や肛門などの下部消化管からの出血を指し、下血は胃や十二指腸などの上部消化管からの出血を指します。下血の特徴は黒いタール状の便になることです。胃や十二指腸で出血すると便として排出されるまで時間がかかりますし、胃酸や消化酵素によって血液が変色して、黒っぽい便になります。大量に出血している場合には胃カメラ検査による止血処置が必要です

血便の特徴と出血部位、可能性のある病気、症状

※スクロールで全体を表示します。

便の色 出血部位 考えられる病気 症状
鮮血便(真っ赤な血) 肛門 痔・裂肛 肛門部痛
直腸 直腸がん・直腸ポリープ
潰瘍性大腸炎・直腸潰瘍など
なし
暗赤色便(出血後に時間が経過している) 大腸 大腸がん・大腸ポリープなど なし~便通異常・貧血・腹部膨満感など
虚血性腸炎・感染性腸炎
潰瘍性大腸炎・クローン病など
なし~腹痛・発熱
大腸憩室出血 なし
小腸 小腸潰瘍・メッケル憩室出血など なし~腹痛・貧血
黒色便 胃潰瘍・胃がん・胃ポリープなど なし~貧血・腹痛
十二指腸 十二指腸潰瘍・がん・ポリープなど なし~貧血・腹痛
食道 食道がん・逆流性食道炎・食道静脈瘤破裂 なし~心窩部痛・食道閉塞感・貧血
その他 鼻出血・口腔内出血・喀血など

血便とストレスの関係について

直接、ストレスによって血便を生じることはありません。血便をストレスで起こっていると誤解して放置してしまうと、深刻な病気が進行してしまう可能性があります。血便があった場合はできるだけ早く受診して原因を確かめ、適切な治療を受けましょう。ストレスによって症状が誘発される過敏性腸症候群で下痢が悪化すると肛門部から出血して血便を起こすことがあります。腸など消化管の機能は自律神経によってコントロールされているためストレスの影響を受けやすくなっています。血便があるということは、消化管のどこかで出血が起きているという身体からの重要なサインなのです。

便潜血反応が陽性の場合

便潜血検査陽性の原因は肛門からの痔出血が多いのですが、大腸カメラ検査を行った場合には30~40%の方に大腸ポリープが発見され、大腸がんが見つかる確率も3~4%あります。大腸ポリープは前がん病変であるケースが多く、大腸カメラ検査中に切除することで将来の大腸がん予防になります。便潜血検査は早期発見のための大腸カメラ検査を受けるきっかけに役立つ検査です。陽性を指摘されたら、必ず大腸カメラ検査を受けてください。なお、当院では、軽い鎮静剤を使う無痛大腸カメラ検査や、大量の下剤服用が必要ない大腸カメラ検査も行っています。

検査と治療

肉眼で確認できる血便があった場合、色や性状、量などをしっかり観察して、医師にお伝えください、余裕がある場合にはスマートフォンなどで撮影して見せていただけるとよりスピーディな診断につながります。
血便の状態を伺ったら、ある程度出血している場所が推測できますので、それに合わせた検査を行ってきます。粘膜の状態を直接観察できる胃カメラ検査や大腸カメラ検査は特に有効です。また、血圧、脈拍、X線撮影、血液検査、腹部CT検査、カプセル内視鏡検査、小腸カメラ検査などを行うこともあります。
原因疾患に合わせた治療を行いますが、まずは緊急性の有無をしっかり判断し、入院の必要がある場合には連携している入院可能な医療機関をご紹介しています。

文責:古田 良司

TOPへ戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3577-7149 事前WEB問診
LINE予約
TOPへ戻る
LINE予約事前WEB問診